映像アーカイブサービス ARCHIVE SERVICE

サービス_img

倉庫に眠っている映像テープが、
もうすぐ再生できなくなるのはご存知ですか?

少し前まで主流だったテープメディアですが、すでに大半のデッキのメーカーサポートが終了しています。倉庫で保管している映像テープをそのままにしていたら、多くの映像資産を失ってしまうかもしれません。そうなる前に、データフォーマットに変換しておけば安心です。とはいえ、大量のテープをデータに変換するのは時間と手間が必要です。お客様に代わって、日本ブイ・テイ・アールがその作業を承ります。

例:

BETACAM SP 695本→XDCAM 238本(1枚に複数タイトル記録) 、DVCAM 1007本→XDCAM 1007本、HDCAM 424本→Apple ProRes422 HQ 424ファイル 等




日本ブイ・テイ・アールのアーカイブ 3つのメリット

「倉庫代カット」で経費を削減

映像テープのデータファイル化で、スペース削減が実現。保管コストを大幅に減らすことが可能です。

「しまっておく」から「いつでも使える」に

データ化で利便性がアップ。ただとっておくだけではなく、映像資産を有効に使うことができます。

ずっと残しておくものだから、品質にもこだわりたい

高い技術力を持つ「映像のプロフェッショナル」が、高品質で確実な商品をご提供いたします。

映像データの保管に安心で快適なストレージサービス。

外部ストレージで一括管理!

1TB単位で領域拡張できる!

障害やトラブルにも万全対応!

※アーカイブ作業とは別に、サービス利用料が発生いたします。詳しくは弊社スタッフにおたずねください。



「そろそろ検討したほうがいいのかな?」「この場合はどれくらいかかるの?」

ご相談も承っております。お気軽にお問い合わせください。

お客様のご要望や状況、ご予算などをご相談頂いたうえで、一緒に考えながらプランをご提案いたします。無理なセールスは一切行なっておりません。安心してお問い合わせください。